FC2ブログ
TOP > ARCHIVE - 2020年01月
[映画感想/600] 2018 銀魂2 掟は破るためにこそある 
 
[映画感想/600]
2018 銀魂2 掟は破るためにこそある

漫画「銀魂」の実写映画第二弾。
エピソード詰め込みすぎだが、1作目より面白かった。
将軍関連のエピソードの再現度がスゴイ。

[映画感想/599] 2018 バンブルビー(字幕) 
 
[映画感想/599]
2018 バンブルビー(字幕)

SFアクション映画。
映画「トランスフォーマー」シリーズのスピンオフ。

正直普通にトランスフォーマーの新作続編やってほしかったのでここで過去話のスピンオフ公開はいまいち心情的に盛り上がれなかったが、実際見てみるととても面白かった。
本編ではキャラの数や関係性もカオスな状態なのがこの作品では全部フラットにして1エピソードを丁寧にえがいていたので安定感あってわかりやすくて原点回帰しつつも新鮮味があって良かった。
バンブルビー以外のスピンオフも見たくなった。

[映画感想/598] 2017 鋼の錬金術師 
 
[映画感想/598]
2017 鋼の錬金術師

漫画「鋼の錬金術師」の実写映画。
うーん、つまらない。
というか見せたい要素を雑に繋げてるだけなので何も伝わってこない。
名シーン・名台詞も下地がうまくできてないから薄っぺらい。
世界観や錬金術に関しても上手く説明や描写できてないので初見の人とかは全くわかってなさそう。
キャラの見せ場もない。序盤の石像と戦うシーンがピーク。
CGは頑張ってるといえば頑張ってるが、板の上にのってグルグル回るシーンは笑った。
アルのCGは良かった。

[映画感想/597] 2000 ピッチブラック(吹替) 
 
[映画感想/597]
2000 ピッチブラック(吹替)

SFアクション映画。シリーズの1作目。
いわゆるエイリアン・パニック系の映画。
普通に面白かった。

[映画感想/596] 1983 猛獣大脱走(吹替) 
 
[映画感想/596]
1983 猛獣大脱走(吹替)

動物パニック・ホラー映画。
内容自体はよくあるパニックもの。
安っぽい映像だが結構残虐的でグロい。
CGを使ってないのでなんか普通に恐怖を感じる場面もあった。
あと幼女の裸シーンもあったりして規制の薄さを感じた。

※Amazonにこの作品無いっぽい。
[映画感想/595] 1975 ジョーズ(吹替) 
 
[映画感想/595]
1975 ジョーズ(吹替)

サメ映画の金字塔。
何気にちゃんと最初から最後まで見たことはなかった。
昔の映画なので序盤はちょっと退屈な部分もあるが後半のサメとの戦いは今見ても面白い。
何よりBGMと演出の相乗効果は最高である。

[映画感想/594] 2019 シャザム!(字幕)  
 
[映画感想/594]
2019 シャザム!(字幕)

DCコミックの実写映画。
DCEUシリーズの7作目。

聞いたことも見たこともないヒーローで、最初はDCEUに属してると気付かなかった。
DCEUはどこか暗い側面が多く、内容もシリアス一辺倒で遊びが薄い感じのものが多かったが、逆にこれはコミカルな笑いが多くて面白かった。
良いキャラクターである。ぜひスーパーマンとの共闘を見たい。

[映画感想/593] 2018 ヴェノム(字幕) 
 
[映画感想/593]
2018 ヴェノム(字幕)

マーベルコミックのキャラクター「ヴェノム」を主人公にしたSF映画。
ソニー・ピクチャーズが手掛けるソニー・マーベル・ユニバース(SMU) の最初の作品。

原作ではスパイダーマンの敵ということくらいしか知らないが、
とても面白かった。
こういう寄生型とのバディものは好き。

ソニーとマーベルはいろいろとゴタゴタはあったが結果的にいい感じのところに落ち着いたしMCU・SMU双方期待できるユニバースとなった。
今後も楽しみである。

[映画感想/592] 1998 ラストサマー2(吹替) 
 
[映画感想/592]
1998 ラストサマー2(吹替)

「ラストサマー」の続編。
悪くはないのだが、犯人だいたいわかるし、スリラー映画としてやれることはだいたい前作でやったので少し蛇足感否めない。

[映画感想/591] 2018 Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow 
 
[映画感想/591]
2018 Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow

異世界転生アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」のOVA作品。
70分くらいあるし、劇場上映されたので一応映画としてカウント。

リゼロアニメは一応見たけどとにかく主人公スバルが生理的に受け付けなかった。
アニメ自体のクオリティは高いし、それ以外の要素はいいのだけど…。

しかしこの話ではスバルの嫌な部分が比較的抑えめだったこともあって普通に面白かった。

[映画感想/590] 2003 閉ざされた森(字幕) 
 
[映画感想/590]
2003 閉ざされた森(字幕)

サスペンス映画。
ちょっと人物を把握できなくて混乱したが結構面白かった。
良作。

[映画感想/589] 2018 劇場版 のんのんびより ばけーしょん 
 
[映画感想/589]
2018 劇場版 のんのんびより ばけーしょん

田舎日常アニメ「のんのんびより」の劇場版。
とても良かった。
感動した。

[映画感想/588] 1997 フィフス・エレメント(吹替) 
 
[映画感想/588]
1997 フィフス・エレメント(吹替)

SFアクション映画。
割と面白かった。

[映画感想/587] 2006 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル 
 
[映画感想/587]
2006 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル

漫画「花田少年史」の実写映画。
普通。

[映画感想/586] 2017 劇場版ポケットモンスター キミにきめた! 
 
[映画感想/586]
2017 劇場版ポケットモンスター キミにきめた!

ポケモンの劇場版映画20作目。
サトシとピカチュウの出会いを最初から描き直したオリジナルストーリー。

王道の成長物語として全体的に無難に悪くないのだが、
とりあえずもうあれだ、
ピカチュウが○るってことに全部持ってかれた感。

あれはまあ本当に○ったワケではなく単なる子供向けの演出のひとつとして○らせたとは思うけど、やっぱり「それはないな」って思う。
そもそもアニポケは名前を鳴き声にしてるのが未だにずーーっと引っかかってて自分の中ではポケモンの鳴き声はもっと動物寄りだと思ってるし、○るとか論外(ロケット団のニャースは除く)。
もちろんアニポケ見るときはその辺は考えないようにしてるし、ああいうわかりやすい鳴き声にしたこともキャラクターとして老若男女に幅広くウケた要素の一つと思ってるからあれで正解だとおもう。

ともあれ、ポケモンファンはピカチュウが○ることをどう受け止めたのかなぁ…?
普通にアリなんだろうか。