FC2ブログ
TOP > ARCHIVE - 2018年03月
[映画感想/059] 2015 ジュラシック・ワールド(字幕) 
 
[映画感想/059]
2015 ジュラシック・ワールド(字幕)

恐竜パニックの金字塔「ジュラシック・パーク」の4作目。
14年ぶりの新作(!)。概ね期待通りの面白さだった。
何より1作目を意識したオマージュがとても嬉しい。
ラストの戦いも熱かった。

吹替も一応見たけれどちょっと微妙…。
宣伝は大事だけれど、知名度や話題性で声優決めるのは本当に最近の映画の悪いところだと思う。
映画を壊していくほうが集客できるっていうのは悲しいね。

[映画感想/058] 2002 スパイダー パニック!(吹替) 
 
[映画感想/058]
2002 スパイダー パニック!(吹替)

巨大化した蜘蛛のモンスターパニック映画。
蜘蛛のモンスター映画は他にもいろいろあるが、個人的に一番面白いと思うのがコレ。
モンスターパニックの王道的展開がテンポよく続く。
いろんな種類の蜘蛛が出てくるのも良い。

[映画感想/057] 2014 舞妓はレディ 
 
[映画感想/057]
2014 舞妓はレディ

舞妓さんの成長物語。ミュージカル要素もある。
普通に良かった。


[映画感想/056] 2001 ジェイソンX 13日の金曜日(字幕) 
 
[映画感想/056]
2001 ジェイソンX 13日の金曜日(字幕)

ジェイソンで有名なホラー作品「13日の金曜日」シリーズ10作目。
過去作はどれを見たか曖昧だが、ジェイソンという殺人鬼については表面的に知ってる、と言った感じの予備知識で挑んでみたのだが…これ本当に公式ナンバリング作品?っていうぐらいぶっ飛んだ内容で面白かった。

[映画感想/055] 2000 デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム! 
 
[映画感想/055]
2000 デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!

デジモンのアニメ映画2作目。デジモンといえばまずこれ。
TVシリーズはちょっとしか見てなかったけれど十分に面白かった。
たった40分とは思えない密度。こういう戦いの魅せ方もあるんだなと感心させられた。

[映画感想/054] 2013 ローン・レンジャー(吹替) 
 
[映画感想/054]
2013 ローン・レンジャー(吹替)

アメリカの有名な西部劇。これは4回目の映画化らしい。
自分は「ローン・レンジャー」という作品タイトルを今まで知らなかったのだが、日本人がよく知るステレオタイプのインディアンのイメージはほぼここから来てるようだ。

少し冗長だが、とても面白かった。
ジョニー・デップはこういう飄々としたキャラが似合う。
そしてなんといってもラストのウィリアム・テル序曲が流れてからのアクションシーンは爽快の一言に尽きる。



[映画感想/053] 2006 ナイトミュージアム(吹替) 
 
[映画感想/053]
2006 ナイトミュージアム(吹替)

博物館の展示物が動き出すファンタジーコメディ映画。
気楽にみれて面白い。

[映画感想/052] 2001 PLANET OF THE APES/猿の惑星(吹替) 
 
[映画感想/052]
2001 PLANET OF THE APES/猿の惑星(吹替)

「猿の惑星」のリメイク、というかリ・イマジネーション作品(らしい)。
オリジナルシリーズとは設定は全く異なる。
これはこれで割と面白いし好き。でもオチはちょっと微妙。
シンプルな驚きがある1作目のオチはやはり強いと思わされた。

[映画感想/051] 2013 武器人間(字幕) 
 
[映画感想/051]
2013 武器人間(字幕)

悪趣味なホラー映画。グロめ。
タイトルそのまんまのいろんなクリーチャーが出てきてまぁまぁ楽しめた。

[映画感想/050] 2012 バトルシップ(吹替) 
 
[映画感想/050]
2012 バトルシップ(吹替)

SF映画。
この手のエイリアンと戦う話で海戦メインは割と珍しい気がする。
噂通りの面白さだった。敵の小型の転がる武器とても好き。
後半にかけての盛り上がりがとても興奮する。
チキンブリトー食べたい。

地上波放送時、だいぶツイッターで盛り上がっていた。
劇場公開当時はまだ艦これ流行ってなかったこともあって関心は薄かった気がするので、もしそのとき艦これ流行ってたらもっと話題になってたのかもしれない。

[映画感想/049] 2008 クローバーフィールド/HAKAISHA(字幕) 
 
[映画感想/049]
2008 クローバーフィールド/HAKAISHA(字幕)

POV方式のパニック映画。
POVだと酔ってしまうのでこの手のものは避けてきたが、友人に面白いと薦められて見てみた。
やはり少し酔ったがかなり臨場感あって面白かった。



[映画感想/048] 1995 ジュマンジ(吹替) 
 
[映画感想/048]
1995 ジュマンジ(吹替)

冒険ファンタジー映画。
ゲームの現実化、タイムトラベル的な要素、子供たちの冒険、モンスターパニック...などなど、個人的に大好きな要素がてんこ盛りの映画。
最初から最後まで楽しい。

[映画感想/047] 2006 UDON 
 
[映画感想/047]
2006 UDON

うどんをテーマにした人情映画。
話は特にひねりもなくありきたりな展開。故に心動かされる部分はある。
最終的にうどんが食べたくなる映画だった。

[映画感想/046] 2001 ワイルド・スピード(吹替) 
 
[映画感想/046]
2001 ワイルド・スピード(吹替)

カーアクション映画。
うーん、まぁ普通。



[映画感想/045] 2005 サマータイムマシン・ブルース 
 
[映画感想/045]
2005 サマータイムマシン・ブルース

タイムトラベルものは面白い作品が多いがこの作品もまた名作。見終わったあともう一度観たくなるタイプの映画。
他のタイムトラベルものに比べてものすごくスケールが小さい物語なのだが、タイムパラドックス的面白さは変わらない。
なんとなくノスタルジックな気持ちも沸いてくる。夏だなぁ。