FC2ブログ
TOP > ARCHIVE - 2018年02月
【映画感想No.028】 1999 グリーンマイル (字幕) 
 
【映画感想No.028】
1999 グリーンマイル (字幕)

公開当時劇場で見て電気椅子がトラウマになった作品。
アニメ以外の映画を劇場で見たのはこれが初めてだったかも?
そんな変な思い出補正もあるが内容は名作。
見ているときは没入してて気付かなかったが3時間以上あってこんな長い映画だったのかと驚いた。

【映画感想No.027】 2009 モール・コップ (吹替) 
 
【映画感想No.027】
2009 モール・コップ (吹替)

コメディ映画。日曜洋画劇場などで家で気楽にみれるタイプの映画。
程よく楽しい。

【映画感想No.026】 2015 リアル鬼ごっこ 
 
【映画感想No.026】
2015 リアル鬼ごっこ

今まで見た映画の中でもワースト3に入りそうなクソ映画。
おっさん趣味。

【映画感想No.025】 2005 ジャケット (字幕) 
 
【映画感想No.025】
2005 ジャケット (字幕)

良い映画だった。

【映画感想No.024】 2009 ホワイトアウト (吹替) 
 
【映画感想No.024】
2009 ホワイトアウト (吹替)

南極殺人事件。まぁまぁ楽しめた。



【映画感想No.023】 2009 ビッグ・バグズ・パニック (吹替) 
 
【映画感想No.023】
2009 ビッグ・バグズ・パニック (吹替)

B級モンスターパニック映画。
これぞ良作B級といえる作品のひとつ。
最初から最後まで面白い。

【映画感想No.022】 2009 交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい 
 
【映画感想No.022】
2009 交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

エウレカセブンの劇場版。
TVシリーズは最近Abemaで一挙放送してたので全話見直したがとても面白かった。今はもうこんな丁寧に少年の成長を描くアニメは作れないだろうなー。TVシリーズ続編のAOは見てない。

で、こっちの劇場版は出てくる人物は概ね一緒だけど関係性や立ち位置、設定が異なるパラレル世界の話。新たな視点でエウレカとレントンの恋物語を描いているけど、まぁやはりTVシリーズの積み重ねがある分、それらがリセットされた世界線は微妙と言わざるを得ない。逆に言えばTV版を知らなくてもこれ単体で完結してるので問題なく見れるわけだが、元々の設定も難解だし、あまり面白くはないかも。

【映画感想No.021】 2012 Pro9-治験 (字幕) 
 
【映画感想No.021】
2012 Pro9-治験 (字幕)

治験が舞台の割と地味なホラー。
異変が起きるまで退屈だったがなかなかスリルあって楽しめた。
薬の副作用も物語の顛末もやや現実的なところで収まっていた。

【映画感想No.020】 2016 僕だけがいない街 
 
【映画感想No.020】
2016 僕だけがいない街

タイムリープものの漫画の実写版。
原作は読んでないけど、アニメのほうはとても面白かった。
実写版のキャストはなかなか良かった気がする。特に子役は良かった。
尺の都合上カットが多いのは仕方ないが、それでも途中まではよくできてたと思う。ただ、終盤の展開はいろいろと残念。

【映画感想No.019】 1985 コマンドー (吹替) 
 
【映画感想No.019】
1985 コマンドー (吹替)

子供の頃はよく地上波で放送していたが長い間見た事無かった作品。
それは単純に自分の興味のあるジャンルではなかったからなのだが、まさかツイッターで実況が超盛り上がるほどの人気作品とは知らなかった。自分と近い年代の人は飽きるほど観てる人も結構いるようだ。

んで実際に見てみると稀によく聞くネットスラングがたくさん出てくる。なるほどこれが元ネタだったのか。
映画自体は普通に面白い。この時代のシュワちゃんの筋肉とアクションは神がかっている。
だがツイッターのカルト的人気の理由はいまいち理解できなかった。
子供時代に見てたら評価変わってたのかな。

【映画感想No.018】 2010 復讐鬼 マイ・ジャスティス (吹替) 
 
【映画感想No.018】
2010 復讐鬼 マイ・ジャスティス (吹替)

「SAW」シリーズのプロデューサーとスタジオが制作に関わった作品。
ホラーはグロいのは多少平気だけど痛そうなのがちょっときつい。拷問は痛そうだった。これはホラーというかスリラーか。
SAWと同じく、ラストで意外な真実がわかるわけだけどなんとも後味悪い。
できれば夫婦がその真実を知ったところまで描いてほしかった。

ところで吹替微妙ですねこれ。

【映画感想No.017】 2016 名探偵コナン 純黒の悪夢 
 
【映画感想No.017】
2016 名探偵コナン 純黒の悪夢

コナン君の劇場版20作目。安心して見られるエンターテイメント。
あいからずアクションの派手さは見もの。今回は特にすごかった。
そして赤井さんと安室とコナン君の共同戦線は見れて良かった。その前に二人で殴り合ってるのは笑ったけど。
ストーリーも面白かったし、満足できる映画だった。

【映画感想No.016】 2011 サプライズ (字幕) 
 
【映画感想No.016】
2011 サプライズ (字幕)

スリラー映画。
予告編やタイトルからサプライズの期待値をあげすぎてしまったので正直微妙だった…。
微妙というか思ってたよりは普通かな、と。
たまにこういうことはある。

【映画感想No.015】 1995 打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? 
 
【映画感想No.015】
1995 打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?

去年公開されたアニメ映画、ではなくその原作にあたる実写映画作品。アニメの方はまだ見ていない。
正直、叩くほどの内容でもなければ面白いと言えるものでもなかった。意味不明な点もある。
だがヒロインは可愛い。ちょっとどきどきさせる着替えシーンもある。
あと、年代的にノスタルジックな風景がちょっとツボだった。


【映画感想No.014】 2013 エウロパ (字幕) 
 
【映画感想No.014】
2013 エウロパ (字幕)

SFモキュメンタリー映画。
宇宙探査をリアルにえがいた映画はすごくロマンを感じて好きです。早く実際に人を乗せて他の星へ行く時代になってほしい。
まぁこういう映画で描写される生物はきっとリアルとは程遠いファンタジーなんだろうけど、そこはやはりフィクションだからこそのお楽しみ要素。
この映画もそういうロマンが詰まった映画なのでそういう興味がある人は楽しめるかと思う。