TOP > SF
[映画感想/144] 2014 メイズ・ランナー(字幕) 
 
[映画感想/144]
2014 メイズ・ランナー(字幕)

SFミステリー映画。
シリーズ第1作品目。
迷路を攻略するのがメインの映画だと思って当時4DXで見たのだが、思った以上に迷路攻略パートが短くあっけなかった。
ラストも微妙な展開だったので正直4DXで見たのを後悔した。

[映画感想/137] 2013 パシフィック・リム (吹替) 
 
[映画感想/137]
2013 パシフィック・リム (吹替)

SF怪獣映画。
面白かった。
ただ、怪獣と戦うとき夜の場面ばかりなのが惜しい。
もっと明るい場所で戦ってほしかった。

[映画感想/133] 2013 オブリビオン(吹替) 
 
[映画感想/133]
2013 オブリビオン(吹替)

SF映画。
普通に面白かったが結末が好みではなかった。

[映画感想/132] 2005 サウンド・オブ・サンダー(吹替)  
 
[映画感想/132]
2005 サウンド・オブ・サンダー(吹替)

タイトルから想像しづらいが、タイムトラベルもののB級SF映画。
「タイムパラドックスを引き起こした原因を突き止めそれを阻止する」というタイムトラベルものとしてはすごくシンプルに王道なストーリーだが、時間の津波という概念を使ってるのはこの作品以外見たことない。
引き金となった原因、タイムトラベルのやり方、現実世界への影響の仕方など個人的にすごく好きで面白い。

[映画感想/131] 2016 10 クローバーフィールド・レーン(字幕) 
 
[映画感想/131]
2016 10 クローバーフィールド・レーン(字幕)

SF映画?。
「クローバー・フィールド」の続編だが直接繋がってはいない。

半分以上、地下でのサスペンスな話が繰り広げられるのでSF要素を期待してると肩透かしくらう。
まぁ正直、「クローバー・フィールド」の名を冠してる以上、観客が期待してるのはその後半の部分だと思うので、もう少しそっちのほう主軸にしてほしかった。
緊張感はあるし、おもしろくなかったわけではないが…。

これはあえて予備知識なし、パッケージもジャンルすら把握せずに、ニュートラルな状態で見るのが正解なのかもしれない。

[映画感想/130] 2013 ゼロ・グラビティ(字幕) 
 
[映画感想/130]
2013 ゼロ・グラビティ(字幕)

SFヒューマンサスペンス映画。
見終わって、劇場で観なかったことを後悔した。
(酔いやすい体質なので劇場で観てたら酔ったかもしれないが)

無重力空間での緊張感と絶望感と臨場感がやばい。
現実を叩きつけられる描写も涙が出る。
宇宙こわい。

最後のシーンもまたとても印象深かった。
邦題の「ゼロ・グラビティ」は本編の内容を端的に表していてとてもわかりやすいのだが、最後まで見るとこれは原題「Gravity」のままで良かったと感じた。

[映画感想/111] 1996 インデペンデンス・デイ(吹替) 
 
[映画感想/111]
1996 インデペンデンス・デイ(吹替)

SF映画。
宇宙人侵略型エンタメの傑作。
キャラクターも話のテンポも盛り上げ方もすごく良い。
大統領の演説が最高にアツい。