FC2ブログ
TOP > 洋画
[映画感想/261] 2011 遊星からの物体X ファーストコンタクト(吹替) 
 
[映画感想/261]
2011 遊星からの物体X ファーストコンタクト(吹替)

SFホラー作品。
1982年の映画「遊星からの物体X」の前日譚。
とても面白かった。

[映画感想/260] 2015 アナコンダvs. 殺人クロコダイル(吹替) 
 
[映画感想/260]
2015 アナコンダvs. 殺人クロコダイル(吹替)

アニマルパニック映画。
「U.M.A レイク・プラシッド」シリーズと「アナコンダ」シリーズのクロスオーバー作品らしい。

CGもチープだし見どころは特にない。


[映画感想/259] 2012 ゲットバック(吹替) 
 
[映画感想/259]
2012 ゲットバック(吹替)

犯罪映画。
面白かった。

[映画感想/257] 1990 アラクノフォビア(吹替) 
 
[映画感想/257]
1990 アラクノフォビア(吹替)

パニック映画。
よくあるモンスター的な蜘蛛ではなく、割と普通の蜘蛛パニック。
正直、地味で微妙。
後年のB級蜘蛛パニック映画の原点かもしれない。

[映画感想/256] 2005 ダーク・ウォーター(吹替) 
 
[映画感想/256]
2005 ダーク・ウォーター(吹替)

ホラー映画。日本の「仄暗い水の底から」のアメリカリメイク版。
ジャパニーズホラーをアメリカでリメイクしてもイマイチかなぁという印象。
締め方もあまり好みではない。

[映画感想/255] 2013 モンスターズ・ユニバーシティ(吹替) 
 
[映画感想/255]
2013 モンスターズ・ユニバーシティ(吹替)

ピクサーの3Dアニメ映画14作目。
「モンスターズ・インク」の続編であり前日譚。
良い話だった。

[映画感想/254] 2002 モンスターズ・インク(吹替) 
 
[映画感想/254]
2002 モンスターズ・インク(吹替)

ピクサーのCGアニメ映画4作目。
普通に面白かった。

[映画感想/253] 2017 シャークネード5 ワールド・タイフーン(吹替) 
 
[映画感想/253]
2017 シャークネード5 ワールド・タイフーン(吹替)

「シャークネード」シリーズ第5作目。
ちょっとネタ切れ感が見えてきて若干中だるみしている。
だけど、日本を襲うサメのような何かは良かった。
終わり方はまんまあの映画のオマージュ。
次で完結らしいがさてはて…。

[映画感想/252] 2016 シャークネード4(吹替)  
 
[映画感想/252]
2016 シャークネード4(吹替)

「シャークネード」シリーズ第4作目。
いよいよサメ台風や世界観のトンデモ化インフレが留まることを知らなくなった4作目。
もともとそういう片鱗はあったが、今作で本当にタガが外れたといった印象。
これを笑えるかどうかで今後のシリーズを楽しめれるか分かれるところ。

自分は正直3作目までの雰囲気が好きだったが、これはこれで面白かった。

[映画感想/251] 2015 シャークネード エクストリーム・ミッション(吹替) 
 
[映画感想/251]
2015 シャークネード エクストリーム・ミッション(吹替)

「シャークネード」シリーズ第3作目。
冒頭からアツい。
テンポもよく、最後まで楽しませてくれる。

[映画感想/250] 2014 シャークネード カテゴリー2(吹替) 
 
[映画感想/250]
2014 シャークネード カテゴリー2(吹替)

「シャークネード」シリーズ第2作目。
ハマったのはこの作品から。
シリーズの中でもこれが一番好き。楽しい。

[映画感想/249] 2014 殺人魚獣 ヘビッシュ(吹替) 
 
[映画感想/249]
2014 殺人魚獣 ヘビッシュ(吹替)

モンスターパニック映画。
基本的にモンスター目線のカメラがある映画はC級以下のクソ映画である、というのが持論であるが、まぁだいたいタイトルでわかるよね。
あまり面白くない。
あと、急にオカルト要素入ってくるのが意味不明。

[映画感想/248] 2015 PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜(吹替) 
 
[映画感想/248]
2015 PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜(吹替)

「ピーター・パン」を基にした冒険ファンタジー。前日譚。
結構CGも良く出来ており、全体的に悪くない。
若き日のフック船長が今回は仲間なのが良かった。

最終的にピーターパンとフック船長の関係性が元のピーターパンと繋がらないので続編も意識していたのだろうか?
結果的に失敗した映画らしいので続編は望めないかもしれないが、ぜひその空白は見たい。
いろいろと妄想できる。

[映画感想/245] 1992 ホーム・アローン2(吹替) 
 
[映画感想/245]
1992 ホーム・アローン2(吹替)

コメディ映画。「ホーム・アローン」の続編。
今度は自宅ではなくニューヨークで一人になり、泥棒と対決する。

これもまた何度も見ている映画。とても面白い。
シリーズの中ではこれが一番好き。

[映画感想/244] 1990 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(吹替) 
 
[映画感想/244]
1990 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(吹替)

「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2 」の続編で3部作の完結作。
派手に時間移動を繰り返した2より、舞台的にも地味な時代での話になるが安定して面白い。

シリーズ3作品それぞれ個性があり見どころがあり、記憶に残り、いつまでたっても色あせない最高のエンタメ映画である。