FC2ブログ
TOP > ホラー
[映画感想/261] 2011 遊星からの物体X ファーストコンタクト(吹替) 
 
[映画感想/261]
2011 遊星からの物体X ファーストコンタクト(吹替)

SFホラー作品。
1982年の映画「遊星からの物体X」の前日譚。
とても面白かった。

[映画感想/256] 2005 ダーク・ウォーター(吹替) 
 
[映画感想/256]
2005 ダーク・ウォーター(吹替)

ホラー映画。日本の「仄暗い水の底から」のアメリカリメイク版。
ジャパニーズホラーをアメリカでリメイクしてもイマイチかなぁという印象。
締め方もあまり好みではない。

[映画感想/239] 2016 鬼談百景 
 
[映画感想/239]
2016 鬼談百景

ホラー映画。
「残穢 -住んではいけない部屋-」の前史に当たる作品。
原作小説99話の短編のうち10話を映像化している。「残穢」が100話目にあたる。

割とちゃんと怖い。
ジャパニーズホラーは長々とやるよりこういう短編のほうが好き。

[映画感想/233] 2015 青鬼 ver2.0 
 
[映画感想/233]
2015 青鬼 ver2.0

ホラーゲーム「青鬼」の実写化第2作目。
前作との繋がりはない。

前作より面白いと聞いて期待したが、正直前作のほうが面白かった。
恐らくゲーム的な要素を忠実に実写化したからゲームをプレイした人たちの反応は良かった…のかな?

[映画感想/231] 2007 バイオハザードIII(吹替) 
 
[映画感想/231]
2007 バイオハザードIII(吹替)

ホラーアクション映画。バイオシリーズ3作目。
この辺から方向性がおかしくなる。
求めてるものとズレてくる。
個人的にシリーズでは一番微妙。

[映画感想/230] 2004 バイオハザードII アポカリプス(吹替) 
 
[映画感想/230]
2004 バイオハザードII アポカリプス(吹替)

ゲームの実写映画「バイオハザード」の続編。
2作目まではまだゲームの実写らしさ・ゾンビ映画らしさがあって面白い。

[映画感想/229] 2002 バイオハザード(吹替) 
 
[映画感想/229]
2002 バイオハザード(吹替)

ゲーム「バイオハザード」の実写映画第1作目。
結局何度見てもこれがシリーズで一番面白い。
しかしゾンビよりもエレベーター、レーザートラップの方が怖かったりする。

[映画感想/223] 2009 デッドクリフ(字幕) 
 
[映画感想/223]
2009 デッドクリフ(字幕)

ホラー映画。
メインのホラー要素は殺人鬼だが、前半の登山のほうがスリルがあってすごく怖い。
後半はよくあるB級以下のホラーに成り下がってしまったのが惜しい作品。
あと主人公(彼氏)がドクズで元彼のほうがいいやつじゃん…と思っていたらこいつ主人公じゃなかった。



[映画感想/217] 2012 フッテージ(吹替) 
 
[映画感想/217]
2012 フッテージ(吹替)

サスペンスホラー映画。
割と面白かった。

[映画感想/216] 2014 青鬼 
 
[映画感想/216]
2014 青鬼

フリーホラーゲーム「青鬼」の実写版。
CGは結構良かった。
ラストが微妙。

[映画感想/204] 2015 呪怨 -ザ・ファイナル- 
 
[映画感想/204]
2015 呪怨 -ザ・ファイナル-

ホラービデオ作品「呪怨」の劇場版第五作。
呪怨シリーズを全部見たわけではないが、一番つまらなかった。

[映画感想/203] 2014 呪怨 終わりの始まり 
 
[映画感想/203]
2014 呪怨 終わりの始まり

ホラービデオ作品「呪怨」の劇場版第四作。
設定が改変されていて今までの作品とのつながりもない。
若干グロ描写がある。

伽椰子ではなく俊雄がメインになったので少し怖さは薄れた気がした。
どちらにしろ怖いが。

[映画感想/202] 2003 呪怨2 
 
[映画感想/202]
2003 呪怨2

ホラービデオ作品「呪怨」の劇場版第二作。
普通に怖かったが最後の方はちょっとギャグになってた。

[映画感想/195] 1995 光る眼(吹替) 
 
[映画感想/195]
1995 光る眼(吹替)

SFホラー映画。
不気味でちょっと怖い。
あまり面白くない。

[映画感想/189] 2002 呪怨 
 
[映画感想/189]
2002 呪怨

ホラービデオ作品「呪怨」の劇場版第一作。
普通に怖い。個人的には「リング」よりこっちの方が怖い。
まずあの声が不気味だし、ピンポイントで嫌な場所に出てくる。
オムニバス形式で、だんだんつながりがわかってくる仕掛けは面白い。